中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

「中卒で仕事がない」といった悩みを解決できるサイトです。中卒で仕事探しとなると「採用してもらえないだろう」「自分が出来る仕事はこれぐらいだ」とネガティブなことばかり考えてしまう方が多いのではないでしょうか。ただ、それは自分自身で自分の価値を下げて諦めているだけに過ぎません。これからの長い人生を考えると挽回できるチャンスはいくらでもあり、自分の目標とする職業に就くことも十分可能なのです。そのために、これからすべき事等を多くの記事にまとめていますのでぜひチェックしてみて下さい。そして、自分で決めた目標を果たして、やりたいと思える仕事に就けるよう当サイトでは応援していきます。

 

中卒の悩みは解決できる!

何らかの原因で高校進学を断念したり、高校には行ったけど中退して、中卒のまま時間が過ぎてしまっていませんか。そして、仕事においても中卒の自分にできることは限られていると勝手に決めつけていないでしょうか。

「今のままでも構わない」と思っている方がこの先を読み進めてもあまりメリットはありません。「現状から抜け出したい」「今の自分を変えたい」「自分で誇りを持てる仕事がしたい」と思っている方はぜひチャレンジして前に進んでほしいと思います。

 

通信制高校や高卒認定試験にチャレンジして選択肢を広げよう

中卒のまま働いていくという選択肢もありますが、それで現状を大きく変えようとするのはなかなか難しいものがあります。

そこで、ぜひチャレンジしてほしいのが「通信制高校」や「高卒認定試験」です。

通信制高校を卒業すれば、高卒以上の者にしかできない仕事、さらには専門学校や大学への進学など選択肢を大きく広げることができます。また、高卒認定試験に合格することでも専門学校や大学への進学の道を開くことが可能です。

そして、大きな魅力なのが、これらはアルバイト等で働きながらでもチャレンジできるというところです。

 

通信制高校は国の制度を利用して安く学べる

通信制高校だけに限りません(全日制・定時制も可)が、高校生の学びを支援する制度として「高等学校等就学支援金制度」というものがあります。

この制度を利用することによって、通信制高校等で必要となる授業料の一部もしくは全額(保護者や本人の所得状況によって異なります)を国から支給してもらうことが出来るのでほとんどお金をかけずに学んでいくことが可能となります。本当にお得な制度なのでぜひ利用しましょう。

ただし、世帯年収が910万円以上の場合や対象とならない学校もありますのでパンフレット等で事前に確認をしておくようにして下さい。

なお、通信制高校や高卒認定試験の予備校を探すならこちらの一括資料請求サイトがおすすめです。全国各地の学校の中から自分の学歴やエリアにあったパンフレット等の資料を無料で簡単に請求することができるのでぜひご利用下さい。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

中卒のまま仕事をつづけていくなら

通信制高校を卒業したり、高卒認定試験に合格すれば進学という選択肢や仕事の幅が広がることを述べてきました。その中で、進学をせずに中卒として働いていく場合についても紹介しておきます。つまり、学歴に左右されない仕事です。

 

学歴に左右されない仕事は狭き門ばかり

学歴に左右されない仕事の中には、実力がすべての「スポーツ選手」「お笑い芸人」「俳優」「アイドル」「ユーチューバー」などがあります。そして、中卒として第一線で活躍している有名人には「錦織圭」「上戸彩」「小栗旬」などがいます。

ただし、これらの仕事は本当に狭き門であって、実際になれたりそれで稼げる保証もなくあまり現実的ではありません。

もちろん、成功している方もいますので目指すことが悪いとは思いませんが、失敗したときはこれまで以上に精神的ダメージを受けてしまうリスクがあります。

そして、キャバクラやホストなどは、社会的なことや年齢に影響されることが多く、一生続けていく仕事としては絶対におすすめ出来ません。その他、アルバイトやフリーターという道もありますが、これらも一生の仕事として食べていくのは厳しいものがあります。

 

職人を目指すという選択肢はおすすめ

そこで、中卒のままでも現実的で将来性があるのは「職人」という選択肢です。

世界からみても日本の職人が手がけた「メイドインジャパンブランド」は非常に価値が高く、その道の一人前になるというのは素晴らしことです。職人の中には、「大工」「漁師」「伝統工芸」「料理人」などがあります。

もちろん、技術を身につけるまでは給料も少なく、相当の努力と時間が必要となります。それを乗り越えて、一人前になれれば欠かせない存在として第一線で活躍することもできるでしょう。

 

中卒と高卒とでは選択肢が大違い

「職人」という職業について、大きな特徴をあげると、かなりの体力や集中力、忍耐力を必要とする仕事であることがいえます。

この点を考えると、女性などにはあまり向いている職業ではないと思います。もちろん、職人に興味がない人にとっては言うまでもありません。そこで、中卒と高卒とでの選択肢にどういった違いがあるのかを紹介します。

 

中卒と高卒の選択肢について

中卒で仕事探しをしていると、自分がやりたい仕事や気になるような仕事を見つけても、応募条件で「高卒以上」というキーワードで断念した方も多いのではないでしょうか。特に、地方になればなおさらのことでしょう。

応募条件は「大卒以上」という条件もありますが、それより「高卒以上」という求人が圧倒的に多い状況です。選択肢を増やし、自分が本当にやりたいと思える仕事と出会うためにも高卒以上になることをおすすめします。

なお、通信制高校であれば卒業後に「高卒」となりますが、高卒認定試験を合格しただけでは高卒とはならないため注意が必要です。高卒認定試験を目指すなら、進学することを前提に考えておきましょう。

 

高卒ならさまざまな進学という選択肢がある

中卒者にも、准看護学校への進学などいくつかの進学方法はあります。

それが、高卒や高卒認定試験の合格者であれば、大学や専門学校等さまざまな分野への進学が可能となります。「金融系」「医療系」「事務系」「コンピューター系」など本当に多くの選択肢の中から自分が学びたい分野を選ぶことができます。

なりたい職業に就くため、将来の可能性を広げるためにも高卒以上であることは大きな武器なのです。

 

進学した時の年齢は気にならない

現在社会人の方の中であれば、進学するにしても「年齢が…」「年下と馴染めるだろうか」と気になる方もいることでしょう。

その点については全く心配する必要はありません。大学や専門学校は浪人生や留年生、同じように回り道をした人とさまざまな人がいるところです。

また、専門的なことを学びに来ているところなので同じ目標を持ってきた仲間でもあります。年齢を気にしたり、変なプライドを持たずに自然に接していれば同じ仲間として充実した学生生活をおくることができようになります。

 

 

通信制高校や高卒認定は不利にならない?

たとえ通信制高校を卒業したとしても、高卒認定試験に合格したとしても、履歴書に学歴を記載する必要があるので「就職活動で不利になってしまうのでは?」と思われる方もいることでしょう。

確かに採用をためらう会社が存在しないわけではありません。大企業等はそれなりのプライドがあるのでそうかもしれません。その中で、忘れてはならないのが採用担当をするのはあくまで「人」であるということです。

マイナスにしか考えられない担当者であればそれまでですが、回り道をしてでも努力したこと、諦めずに頑張ったことを理解してくれる人は必ず存在します。

そういう会社との出会いがきっとあるのでマイナス思考になる必要はありません。むしろ、プラスに考えて自分が頑張ってきた経験に自信をもっていいのです。

 

諦めなかった経験をアピールできる

諦めなかった経験はこれからの人生においての分岐点にもなります。自分自身で「このままではダメだ」と思えたことは進学や就職活動における武器として利用することができます。「自分は芯の強い人物だ」ということを思いっきりアピールしていきましょう。

そして、筆記試験でしっかり結果を残して、面接では「その会社で働きたい」「大学ではこういったことを学んで将来こうなりたい」というようなやる気と明確なビジョンを伝えることが出来れば、他の受験生と比べても不利なことはなく全く問題ありません。

 

高卒だけで足りないものは資格でカバーできる

高卒以上になったとしても「実際に働けるのだろうか?」と思われている方も多いと思います。それは、大卒の方でも同じ不安を抱えているものです。

自分が将来したい仕事が明確になっていれば「資格」を取ることを考えていきましょう。資格は学歴などのさまざまなコンプレックスを解消し、自信に変えることができます。

そして、何と言っても資格の大きなメリットは目標が明確なため勉強がしやすいということです。例えば、「看護師になりたい」と思ったら「看護学校に入ること」「看護師国家試験に合格すること」といった明確な目標があるのでそれに向けた努力をすればいいのです。

経理をしたいと思ったら「簿記」、金融機関で働きたいと思ったら「ファイナンシャルプランナーなどの資格を取ることで「高卒+資格」といくらでも可能性を広げることができます。

特に、資格の中でも看護師のような「国家資格」が必要な職業は今後も一生困らない資格であるため大変おすすめです。

ちなみに、普通高校への進学を考えずに国家資格である公認会計士を目指すため、あえて通信制高校に進学した長谷川智也くんという方がいます。なんと、長谷川くんが公認会計士試験に合格した年齢は史上最年少の16歳です。公認会計士に合格すると決めていた目標の年齢は18歳だったのを2年も前倒しで合格して自分の夢を叶えているのです。

このように、資格は目標を立てやすく、やりたい仕事や興味がある仕事に一気に近づくことができるので本当におすすめです。

 

這い上がった人はかっこいい

例えば、自分の周りに高校を中退してでも諦めずに通信制高校にチャレンジし、卒業後に公務員等になった人がいたらどう思いますか?

普通に順調な道を歩んできた人よりも「すごい」「かっこいい」と思うのではないでしょうか。実際にその道を実現した人は多くいますし、誰もがその可能性を持っているのです。そのために、現状に悩んでいる皆さんがすべきことは思い切って行動に移すことです。

まずは、第一歩である通信制高校や高卒認定試験を利用して挽回できるチャンスを自分の手で掴んでいきましょう。

 

まとめ

長くなりましたが、上記を踏まえていって「ぜひチャレンジしてみよう」「チャレンジしたいけど最後までつづけられるか不安がある」と考え方はさまざまだと思います。

これからの自分の将来を簡単に諦めてしまわずに勇気を出して行動に移すことが出来れば、人生を変えることは十分可能です。新しいことにチャレンジするには多くのエネルギーと勇気が必要ですが、一歩踏み出して行動することができれば意外とできてしまうものなのでぜひチャレンジすることを考えてみて下さい。

「あの時にやっておけばよかった」と将来後悔しないためにも早めに行動して解決するようにしていきましょう。

 

そして、行動に移す時に重要なのが「これからのビジョンを描く」ということです。

例えば、

「とりあえず働きながら通信制高校を卒業する」

「卒業したら看護学校へ行って看護師になる」

「卒業後したら〇〇大学(〇〇専門学校)にいく」

「通信制高校の勉強をしながら簿記とパソコンの資格をとる」

「金融機関で働くためにファイナンシャルプランナーの資格をとる」

といった感じです。

 

このように、将来の目標がしっかりしておけば、途中で挫折することもありませんし、生きがいをもった日々を送れるようになります。ぜひ、これからの皆さんが目標を果たし「なりたい自分」「なりたかった自分」に出会えるように応援しています。

 

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

 

更新日:

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2019 All Rights Reserved.