中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

中卒から目指す職業について

中卒から保健師になるには?

投稿日:

保健師の資格を取得する場合、その前提として看護師の資格を持っている必要があります。それは保健師の知識には、看護師の知識が必要不可欠であるためです。

 

中卒から看護師になる方法についてはコチラをご覧下さい。

中卒から看護師になるには?社会人からでもなりやすくておすすめ!

現在中卒の方が「看護師」という職業を目指すのは良い選択肢といえます。その大きな理由としては、「何歳(社会人)からでも挑戦しやすい」「求人がいつも豊富にある」といったことがあげられます。 そして、看護師 ...

続きを見る

 

そんな保健師は、病院だけではなく、自治体や学校というところも働く選択肢となるため、「昼間だけ働きたい」「子育てと仕事の両立をしたい」という女性に大変人気の職業です。

このページでは、そんな保健師になるための方法や仕事の特徴について紹介していきます。

 

 

中卒から保健師になるまでの道のり

保健師になるには、まずは看護師の資格を取ることが必要となります。

中卒から看護師になるためには、大きく分けて2つの方法がありました。1つは高卒資格をとってから3~4年専門学校や大学に進学してからなる方法。そして、もう1つが、中卒後に准看護学校に入り、准看護師の資格を取得後、3年以上の実務経験を経て看護専門学校に進学してからなる方法です。

そして、看護師資格の取得後(取得見込みでも可)は、1年間の保健師養成施設に行き、国家資格を取得していくという流れとなります。

その他に保健師になる方法として、高卒資格を取得した後に、始めから看護師と保健師の資格が取得できる大学に入学して看護師と保健師を同時に取得するという方法があります。これは、保健師統合カリキュラムという方法が採用され、大学を卒業する時に看護師と保健師の資格両方を取得できるものです。

ただ、中卒から保健師までの道のりを考えるとするならば(特に社会人の方)、まずは通信制高校や高卒認定試験で高卒資格の取得をしてから「看護師資格の取得→1年間の保健師養成施設へ進学」という方法が現実的でおすすめの方法といえます。

 

なお、これから高卒資格を取得するなら通信制高校や高卒認定試験がおすすめです。そして、これらを探すには一括資料請求サイトという大変便利なサイトがあります。全国各地の通信制高校の資料を自分の学歴やエリアに合わせて簡単に請求することができるのでぜひ利用してみて下さい。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

 

保健師の国家試験は難しいの?

保健師国家試験の合格率は90%を超えており、毎年高い合格率を維持しています。看護師の国家試験合格率も90%を超えていることから、まずはそれぞれの学校の入学試験にきちんと合格することが重要となります。

そのため、看護の勉強と保健師の勉強をしっかり学んでいけば、そこまで国家試験の合格自体は難しくないということとなっています。

 

 

保健師の仕事内容や特徴について

保健師の資格を取得した後に働く場所としては、保健所、自治体、企業、病院などが主となります。保健師という資格は一つで統一されていますが、働く場所により呼び方が変わることもあります。

例えば、学校で働く場合は「学校保健師」と呼ばれますし、保健所や自治体で働く場合は、「地域保健師」と呼ばれます。また、企業などで働く場合は、「産業保健師」と呼ばれることがあります。

そんな保健師の主な仕事内容は、人々の健康を守っていくということです。例えば、健康被害を予防する活動や健康増進をする活動です。そして、学校や企業では全体の健康管理や各個人に合わせての指導を行っていきます。

また、公民館などに出向いて、地域住民の方と健康に関する話をしたり、健康相談にのることもあります。子育ての話から、思春期の性教育の話、また高齢者の介護の話などいろいろな年代の方と関わることが多い仕事です。

このように、地域に根差した活動が必要なこともあり、とても頼られる存在になれるということが保健師の魅力の一つです。

 

 

保健師の収入や魅力について

そんな保健師の年収は350~600万円程度を期待することができます。就職先によって、その給料は大きく変わり、企業に就職をすれば、その企業で決められた給料をもらうことになります。自治体や学校という場合は、公務員に準ずる給料をもらうことができるため安定した収入を得ることが可能です。

また、保健師は基本的に夜勤がないため、手当としては「通勤手当」「残業手当」くらいになることが多いです。そのため、夜勤のある看護師に比べると、給料がやや低くなる場合もあります。

それでも保健師は人気の高い職業です。それは、昼間の仕事がほとんどですし、体力的に年齢を重ねても働きやすい仕事だからです。また、昼間の勤務は、生活リズムを作りやすいので、子育て中の方にはかなり向いています。

しかし、保健師の求人はあまり多くないというデメリットもあります。それは、働きやすい仕事であるがゆえに、一旦就職するとやめる人が少ないので、求人がなかなか出てこないという特徴があるからです。

 

 

中卒から保健師になるには?のまとめ

保健師という働き方は、看護師という資格が前提にありながら、看護師とは働き方が全く異なります。働き方によっては夜勤もありませんし、安定した収入を得ることも出来ます。また、家庭と仕事の両立を望むことも十分出来る仕事なので、女性の方に大変おすすめの職業です。

保健師という仕事に興味がある人は、まずは、通信制高校や高卒認定試験などで高卒資格をとって看護師資格の取得からスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

 

-中卒から目指す職業について
-

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.