中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

中卒から目指す職業について

中卒から歯科技工士になるには?

投稿日:

歯科に関する資格のうちの一つが歯科技工士という資格です。技工という名前がついているので、何か特別なものを作るというのが想像できるのではないでしょうか?

歯科技工士は、歯科医師の指示に従って各個人の歯に合った入れ歯や詰め物などを作る、つまり技工をする仕事になります。人は、歯があるのとないのでは、顔の表情も変わることもありますし、食べるという動作にも大きな影響を及ぼします。

そのため、歯科技工士は専門的な知識がなくてはいけませんし、私たちには欠かせない歯に関係する職業なので、とてもやりがいがあります。このページでは、そんな歯科技工士になるための方法や仕事の特徴について紹介していきます。

 

 

中卒から歯科技工士になるまでの道のり

歯科技工士になるためには、歯科技工士の国家試験に合格することが必須です。国家試験を受けるためには、全国にある歯科技工士の養成校に入学してその課程を経ていく必要があります。

その課程は、2年~3年をかけて専門学校や短大で学んでいく方法、または4年生の大学に入学して学ぶ方法があります。そして、養成校を卒業する時に、国家試験受験資格を得ることが出来、国家試験に合格すると歯科技工士となることができます。

なお、中卒から歯科技工士の学校に入るためには、まずは高卒の資格を取ることが先決です。もし、これから高卒資格を取ることを考えるなら通信制高校や高卒認定試験などで高卒資格をとる方法がいいでしょう。

 

なお、これから高卒資格を取得するなら通信制高校や高卒認定試験がおすすめです。そして、これらを探すには一括資料請求サイトという大変便利なサイトがあります。全国各地の通信制高校の資料を自分の学歴やエリアに合わせて簡単に請求することができるのでぜひ利用してみて下さい。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

 

歯科技工士の国家試験は難しいの?

では、歯科技工士の国家試験は難しいのでしょうか。実は、無事に養成校の課程を経ることができれば試験そのものは難しいということなく合格率は90%以上を保っています。つまり、きちんと学校で勉強していれば、国家試験に合格することは十分可能なのです。

ちなみに、試験は学説試験と実地試験が行われます。そのため、歯科技工士としての知識に加えて技術も試されるのです。学校では、日々の試験等をきちんと毎回クリアできるように勉強を行ない、技術的なこともしっかり練習を重ねておくことが大切です。

 

 

歯科技工士の仕事内容や働く場所について

歯科技工士の主な仕事は、歯科医師の指示を受けて義歯(ぎし)や歯冠(しかん)、歯の矯正用具などを作ることです。人の歯というのは、一人一人異なっているため、二つとして同じものはありません。

また、同じ患者さんでもその年齢や歯の治療に伴って変化していくため、歯の状況に合わせた対応しなくてはならないのです。そのため、歯科技工士としては、状況に合わせた知識と多くの経験を積んでいくことが重要となります。

歯科技工士の働く場所としては、歯科医院(いわゆる歯医者さん)、病院、また歯科器材を開発するような会社に就職することが可能です。

最近では、歯科医院などから発注を受けて制作だけを専門とする歯科技工所を開設する歯科技工士も存在します。多くの知識と技術を身につけていけば独立も可能ですし、専門分野に特化した資格なので、将来性のある仕事といえるでしょう。

 

 

歯科技工士の収入や魅力について

そんな歯科技工士の年収は300万~400万円程度です。経験を重ねていくと更なるアップも見込むことができます。特に、患者さんや歯科医師の要望にそったものを正確に作ることが出来る技術を身につけて信頼を得ていけば、欠かせない存在として安定した収入を得ることができるでしょう。

また、近年は高齢者も増え、義歯や差し歯をつけて食べる楽しみを味わいたいと願う人も多くなっています。このような現状から、これからも歯科技工士の需要は多く、社会から必要とされる仕事であり続けるでしょう。

 

ちなみに、歯科医療に携わる専門職ですが、じっくりと作成するということが多いので、手先が器用で集中してものを作りたいという人が向いています。その中で、入れ歯や矯正器具を作成時には、患者さんとも接しますし、笑顔を見たり感謝の言葉を伝えられたりすることもあるので、やりがいを感じることができます。

働き方としては、基本的に日祝日が休みで土曜日は半日というパターンが多いです。昼間の勤務だけですし、体を使った重労働ではないので、女性も活躍している分野です。

 

 

中卒から歯科技工士になるには?のまとめ

歯科技工士は、これからも十分将来性のある仕事です。それは、私たちの楽しみの一つである食を楽しむために歯がとても重要だからです。また、歯が変わると話し方やその人の表情まで変えることができるので、影響力の大きい仕事だといえます。

そして、一度資格を取得してしまえば、長期に渡って安心して働くことも出来ます。中卒の方が通信制高校や高卒認定試験などで高卒資格をとってからでも十分チャレンジする価値はある資格です。専門職として興味がある人には、ぜひおすすめです。

 

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

 

-中卒から目指す職業について
-

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.