中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

中卒の仕事探しについて

中卒のままでは就職に不利なの?求人や就職後の現状について

更新日:

「中学校卒業後に高校に進学しなかった」「高校に進学したけれど中退してしまった」などの様々な理由から、最終学歴が中卒になってしまった人は多くいます。そのような人たちの仕事探しは、よく言われるようにさまざまな場面で不利なことが多い現状があります。

では、実際にどのような点で不利になってしまうのでしょうか。このページでは、「中卒の就職活動(求人等)の現状」「就職した後のキャリア形成」について具体的に紹介していきます。

 

中卒者を対象とした求人について

就職活動をするにあたって、まずは企業等が出している求人がどれだけあるのかは、非常に重要になってきます。さらに、その応募資格が「中卒以上」と出ているものの中で探していかなければいけません。

ただし、世の中に出ている求人のほとんどが「大卒」「専門学校・短大卒」「高卒」を対象とした求人となっているため、せっかく興味があってどれだけ就きたい仕事であっても、残念ながら応募することができないことも少なくありません。インターネットで、「就職 正社員」「仕事 正社員」などで検索をしてみても、出てくる求人のほとんどが高卒以上向けのものであることが分かると思います。

では、中卒者を対象とした求人にはどのようなものがあるのでしょうか。実際によくあるものとしては、「アルバイト・パート」「契約社員」「派遣社員」などの非正規雇用としての求人です。

非正規雇用は、正規雇用(正社員)に比べると給料などの待遇が良くない場合が多く、長く雇用されることが約束されていないなどで、安定を得にくい雇用形態となっています。職種でいうと、建設業、接客業、介護などの肉体労働系の求人が多いです。

 

中卒での就職活動について

中卒での就職活動は、そもそも求人が少ない中で探していかなければならないというだけではありません。就職活動のサポートがほとんどない状態の中で、自分一人で進めていかなければいけないという問題もあります。

例えば、高校では進学や就職などの進路に関する学習が行われています。そして、就職活動の時期には、履歴書の書き方から面接の練習までをしっかりサポートを行ってくれることがほとんどです。
また、求人の応募も高校を通して行うため、企業側もしっかりとした対応をしてくれます。そのため、高校での就職活動は、一人で就職活動に挑むというよりは、高校というバックアップがついている状態の中で活動ができるのです。

その点が、中学校で直接就職をする場合には、中学校からの就職自体が全くないため、学校側のサポート体勢も整っていないことがほとんどです。そして、中学校を卒業した後の就職活動では、学校のバックアップがつくことはないので自分一人でハローワークなどを利用して仕事探しを行うことになります。

さらに、中卒の場合は、ハローワークなどで正式に求人が出ていない場合も多いです。そのため、町の工場等の「従業員募集!」などの看板を探して飛び込みで雇ってもらえるように頼んだりすることも検討しなければいけません。また、親戚や知り合いなどの縁故(コネ)で採用してもらえるようお願いするなどの方法をとっている人も多いですが、いずれにせよ基本的には自分一人で自立して動いていく必要があります。

 

中卒者として就職後のキャリアについて

つづいて、中卒のまま就職活動を終えて、めでたく就職ができた場合についてです。この場合も、就職後のキャリアを考えるとなかなか厳しいものがあるのが現状です。もちろん会社によって違いがありますので、全体的な傾向として参考にして下さい。

まず、仕事内容は簡単なものや、現場で身体を使うものが多い傾向にあります。年齢が若いうちはそれで良いものの、生涯にわたってずっと続けていく仕事としては厳しいものばかりです。そして、仕事の実力やその会社のシステムなどによって違いますが、管理者などの責任のあるポジションにつくのには、高卒以上の学歴が必要なことが多いため、昇進が難しいという傾向もあります。

また、建設現場や工場、介護の現場などでは、より難しい仕事内容をさせてもらうために資格が必要となる場合もあります。そういった場合にも、その資格の受験資格自体が高卒以上であることも少なくないため、せっかくのキャリアアップの機会があっても諦めざるを得ないこともあるのです。

その他、非正規雇用の場合には、いつまで雇用してもらえるかが分からないという状態が続いてしまうため、経済的にも精神的にも不安定になる可能性があるので注意が必要です。

 

中卒のままでは就職に不利なの?求人の現状や就職後の現状についてのまとめ

これまで述べてきたように、中卒のままでは仕事探し・キャリアアップをしていくのは非常に難しいものがあります。これまでの内容を簡単にまとめると下記のようになります。

  • 中卒者対象の求人自体が少ない。
  • 中卒者対象の求人は条件そのものが良くないものが多い。
  • 中卒での就職活動はサポートが少ない中で進めていく必要がある。
  • 中卒での就職後のキャリアは高卒以上に比べて可能性が広がりにくい。

全体的に見て現在の日本では、中卒としての就職は就職前も就職後も厳しいというのが現実です。

なお、中卒者の生涯賃金(一人の人が生涯に稼ぐお金)は、高卒者や大卒者の生涯賃金に比べても大きな差があることも事実です。とにかく中卒のままでは、金銭的な面で生涯にわたって不利になってしまう可能性は否めません。もちろん、お金だけが人生にとって大事なわけではありませんが、「最低限のレベルの生活を送っていけるかどうか」「自分のやりたいことがやれる人生になりそうかどうか」は重要なことだと思います。

 

そこで、中卒であることに少しでもコンプレックスを抱えている方は思い切って高卒を目指してはいかがでしょうか?当サイトでは、現在中卒の方で、高卒にキャリアアップしたいと考えている方に「通信制高校」もしくは「高卒認定試験」をおすすめしています。社会人の方でもチャレンジしやすいので気になる方はぜひチャレンジして明るい未来を目指していきましょう。

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

-中卒の仕事探しについて
-, ,

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.