中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

不登校・ひきこもりについて 高校中退について 高校生活の悩み等について

高校中退後の進路はどうしたらいいの?進学方法や就職について

投稿日:

高校を中退してしまったものの、その後の進路をどうしていけばいいのか分からない方は多いと思います。このページでは、そういった方でもこれからやり直しが出来て、現実的な方法である「通信制高校への編入」「高卒認定試験」を中心に紹介しています。

そして、そのあとに可能となる「大学・短大・専門学校等への進学」「就職」「その他」についても具体的な方法を紹介しています。

これらの選択肢は「どうして高校を中退したのか」「将来どのような生き方をしたいのか」ということによって人によって変わってくるものです。これといった正解はありませんが、今後の参考としていただき、自分に合った進路を選んでいって下さいね。

 

 

進学はせずに中卒のままで就職する

進学をせずに、中卒のままで就職を目指すという方法についてです。中卒のまま就職するということは、全く不可能なことではありませんが、中卒者対象の求人そのものが、相当少ないため厳しいのが現実です。

その中でも、学歴がなくとも専門の資格を取得することで業界では必要とされる場合もあります。つまり、「中卒+資格」として何らかの武器を持つという状態です。詳しくは「中卒で正社員として働いていく方法」でも記載しておりますので参考にしてみて下さい。

ただし、この方法はさまざまなところで不利なことがでてきます。そのため、長い目で見て将来的なことを考えると、進学や就職と幅を広げられる「高卒」は持っておくことをおすすめします。

 

 

通信制高校へ編入する

高校を中退したものの、「高卒まではなりたい!」という人には通信制高校に編入するという進路があります。高校を中退したことには様々な理由があったことと思いますが、通信制高校という自由な環境であればそれらの問題が解消される場合も多いです。

ただ、同じ通信制高校の場合でも登校のしかたや学習内容などが学校によって全く違ってくるので、自分が卒業できそうな高校であるかをしっかりと見極めて入学することが大事になってきます。

そのためにも、まずは、多くの学校の資料請求をして比較してみることをおすすめします。そして、気になる学校があれば学校見学や入学相談に行くと良いでしょう。

 

なお、通信制高校や高卒認定試験の予備校を探すならこちらの一括資料請求サイトがおすすめです。全国各地の学校の中から自分の学歴やエリアにあったパンフレット等の資料を無料で簡単に請求することができるのでぜひご利用下さい。

→ズバット通信制高校比較【無料】

 

その後の進学を考えて高卒認定試験にチャレンジする

「もう高校には行きたくないけど、高卒の資格は欲しい!」という人には高卒認定試験という方法があります。これは、試験を受験して合格することで高校卒業と同程度という認定をしてもらえる国家資格になります。

中卒以上の方であれば誰でも受けることができる試験です。勉強方法として、独学で勉強する人もいますが、多くの方は予備校や通信教育などを利用しています。

高卒認定試験に合格すれば、高卒にはならないものの大学や専門学校などに進学することができるようになるので大きく可能性を広げることができます。ちなみに、上記の通信制高校のところで紹介した「ズバット通信制高校比較」では、高卒認定試験予備校の資料も請求することができます。気になる方は通信制高校と合わせて資料請求してみて下さい。

 

 

高卒資格を取得後に大学・短大・専門学校へ進学する

上記の方法で通信制高校を卒業もしくは高卒認定試験に合格した場合、そのあとの進路として大学・短大・専門学校等への進学が考えることができます。

通信制高校に編入した場合には、そこから大学などに推薦してもらえることもできますし、一般入試の場合でも受験勉強のサポートをしてもらえることができます。また、高卒認定試験の場合には自分で受験対策をしていかなければなりませんが、予備校や通信教育などを利用して有名大学に合格している人が多いのも事実です。

最終的に大学等に合格することができて、その学校を卒業することができれば、「大卒」「短大卒」「専門学校卒」となり、その先の仕事の可能性が大きく広がることになります。

 

 

高卒の資格を取得後に就職する

上記の方法で通信制高校を卒業もしくは高卒認定試験に合格した場合、そのあとの進路として高卒以上の求人に応募して就職するという方法も考えられます。

そして、高卒の求人は、中卒に比べると圧倒的に数が多いため、様々なものから自分にあった求人を選ぶことができます。また、求人数だけでなく生涯賃金も増えるのも魅力です。

通信制高校では、学校で履歴書の書き方や面接の練習などのサポートを行ってくれることが多いですし、学校を通して企業に応募することも可能なので就職活動においてもおすすめです。その点で、高卒認定試験の場合には自分で一から就職活動を行っていく必要があります。

 

 

その他(家業を継ぐ、独立、留学など)

上記以外の方法としては、変わり種ですが「実家がお店や事業などをしている場合に家業を継ぐという方法」「自分で独立して起業するという方法」「留学やワーキングホリデーをする」などの選択肢があります。

 

 

家業を継ぐ場合

早くから手伝いなどをして仕事を身につけておく必要があったり、資格を取得することが必須の場合もあります。また、時代に合わせて新しい発想を取り入れたりすることも必要となっていきます。

 

自分で独立する場合

いくらビジネスモデルがある仕事であったとしても、大きな成功を収めるには、何か人と違う能力やアイディアを持っていることが必要です。

 

留学やワーキングホリデーをする場合

留学をする場合、高卒の資格がないと大学等は受けられないため、現地の語学学校等へ入学することになります。もし、外国の大学等に進みたい場合には、上記で紹介した高卒認定試験を受けて合格することをおすすめします。

ワーキングホリデーとは、原則30歳までの間、一部の国で1年間程度過ごすことができる特別な制度をいいます。この制度を利用して、アルバイトをしながら観光を楽しむなどの過ごし方をしたり、英語力をつけて、自分の将来に活かすという方法もあります。

 

 

高校中退後の進路はどうしたらいいの?進学方法や就職についてのまとめ

このように、高校中退後でもさまざまな方法があり、やり直すことは十分に可能なのです。もし、将来的に、「この仕事がしたい」「あの会社に就きたい」といった希望があるならば、中卒のまま就職するのではなく、最低でも通信制高校や高卒認定試験を目指しましょう。高卒になることは就職にしても進学にしても幅が大きく広がります。

そして、更に専門的なことを学びたいと思うようになった場合は、大学や専門学校にチャレンジすることで自分の夢にぐんと近づくことが出来るようになります。

 

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

-不登校・ひきこもりについて, 高校中退について, 高校生活の悩み等について
-, , , , ,

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.