中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

通信制高校について

通信制高校のスクーリングって何をするの?種類や具体的な内容とは?

投稿日:

通信制高校には、「スクーリングというものがある」と聞いたことがある方は多いかもしれません。でも、具体的には「どんな内容で何をするのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?

通信制高校の学習は、基本的には通学をしなくても、レポートを利用して卒業に必要な単位を取得することができるようになっています。ただ、年間で決められた数時間については特別授業である「スクーリング」に必ず参加しなければいけません。

そして、その内容は学校によって異なり、「宿泊型で授業や課外活動を行うタイプ」「通学型で授業を行うタイプ」「通学型で課外活動を行うタイプ」「映像授業の受講等で代替するタイプ」などさまざまです。また、これらのどれかが必須になっている場合や自分で選択できる場合などもあります。

下記では、これらのスクーリングについて詳しい内容や特徴について紹介をしていきます。

 

 

そもそもスクーリングとは何なのか

通信制高校で行われる「スクーリング」とはそもそも何なのでしょうか。これは、英語でのSchool(学校)の単語から派生したもので、「学校に通学する」という意味です。

つまり、通信制高校であっても「最低限登校しなければならない行事」のことを指しており、「各科目に年間何時間はスクーリング」と規定で定められています。

なお、スクーリングが必ず登校しなければならないものなのに、自分が苦手な種類であったとして「登校できなかった」とならないような注意も必要です。もちろん、その場合は卒業に必要な単位も取得できなくなってしまいます。

そうならないためにも、下記でスクーリングの内容をしっかりおさえて、自分に合いそうな種類かどうかをチェックしていきましょう。

 

 

スクーリングの種類について

それでは、一例に過ぎませんが通信制高校のスクーリングとしてよく行われている内容を種類ごとに紹介していきます。

 

宿泊型(授業や課外活動)の場合

年間に数日間、学校の本校やスクーリング用の施設などに宿泊して学習を行うタイプです。この方法は、その数日間で一気にスクーリングが行えるため比較的多くの学校が採用しています。

具体的には、普段は全国それぞれの教室(学習センター・キャンパス)で勉強している生徒たちが一同に集まって、寝ること・食べることを共にしていきます。なお、これは机上の勉強だけでなく、自然の中で行う課外活動や集団行動もスクーリングとして認定されるようになっています。

この方法は、合宿などが好きな人にとっては楽しみながらスクーリング認定してもらえるので、とても効率的な方法といえます。ただし、始めて会う人たちとの集団生活を行うのが苦手な人にとっては若干つらいものになるかもしれません。

なお、この形のスクーリングが必須な場合には、交通費や宿泊費が学費とは別にかかってしまう場合がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

通学型(授業)の場合

学校の本校や普段通っている近くの教室(学習センター・キャンパス)に集まって特別授業が行われるタイプです。この方法は、年に数日程度の場合がほとんどです。

特別授業の内容としては、自分が履修している科目の問題を解いていくことや、普段は聴くことができないような講演が行われることがあります。

なお、このスクーリングが本校で行われるか近くで行われるかによって、交通費などの負担も大きく違ってくるため、どこで実施されるのかを確認しておくことをおすすめします。

 

通学型(課外活動)の場合

通学する形の中でも、課外活動をスクーリングとして認定する場合もあります。特に、体育などの実習を伴う教科では、実際にスポーツをしに行ったりする場合が多いです。たとえ、体力に自信のない人であっても、多くの場合が誰でも簡単に行えるような軽スポーツであるため心配する必要はありません。

また、家庭科や芸術等の科目では実習を行うこともありますし、博物館などで見学を行うこともあります。これらは、普段通っている教室(学習センター・キャンパス)の近場で行われる場合や、学校の本校まで行ったりする場合があるのでチェックが必要です。

 

映像授業の受講等で一部を代替する場合

スクーリングの必要時間数のうち、一部を映像授業の視聴などで代替することができる高校もあります。

その場合には、自宅などで授業を受講して指定の用紙に内容をまとめたりすることでスクーリングと認定されるようになります。ただ、これはあくまで実際のスクーリングの補完手段として使われているようなものです。

 

 

通信制高校のスクーリングって何をするの?種類や具体的な内容とは?のまとめ

スクーリングは、あくまで単位を修得するために絶対参加が必要な行事だということを踏まえた上で、「自分が確実に参加できるのか」「負担は大きすぎないか」を考える必要があります。

そのため、各学校のパンフレットを始めとして、入学相談や説明会の時に「必須となるスクーリングは何なのか」をしっかり確認しておく事がポイントです。入学してから「そんなの知らなかった!」とならないためにも、自分が希望する学校がどういった種類のスクーリングを採用しているのかを把握しておくようにしましょう。

 

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

-通信制高校について
-,

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.