中卒で仕事探し・資格取得や進学希望者のための支援サイト

中卒仕事探し.com

不登校・ひきこもりについて 高校中退について 高校生活の悩み等について

高校中退後の生活はどうなるの?中退後の生活で大切なことについて

投稿日:

高校を中退してしまったものの学校に通わない生活というものが具体的にどのようなものになるのかイメージできない人は多いかもしれません。この場合に考えるべきことは、「どのような理由で高校を中退したか」ということです。

それによって、中退後の生活で大切にしなければならないことが大きく変わってくるのです。このページでは、そういった高校を中退してしまった後の生活について大切なことなどを紹介していきたいと思います。

 

 

病気であれば、まずはしっかりと療養する

高校を中退してしまった理由が体調不良ということも少なくありません。心や身体の調子を崩してしまっている場合には、まずはそれを解決することが重要となります。次の進路を考える場合でも、ある程度健康な状態でないと難しいということもあります。

そのような時には、無理することなくまずは医療機関に相談してみましょう。そして、異常があった場合は、療養・治療に専念するという選択肢をとることがベストです。

病気の具合によって、入院して集中的に治療したり、デイケアなどに通ったり、自宅でゆっくりと休養するなどになると思います。その後、ある程度体調が落ち着いてきて将来のことを考える余裕が出てきたら、編入できる通信制高校を探したり、高卒認定試験を考えたりなどの行動をとってみることをおすすめします。

 

 

中卒のまま就職する

高校中退の場合には最終学歴は「中卒」となります。それを踏まえたうえで中卒のまま就職を目指すという方法です。正直この方法はさまざまな点で不利なことが多いため、おすすめできる方法ではありません。

中卒のままでは就職に不利なの?求人や就職後の現状について

「中学校卒業後に高校に進学しなかった」「高校に進学したけれど中退してしまった」などの様々な理由から、最終学歴が中卒になってしまった人は多くいます。そのような人たちの仕事探しは、よく言われるようにさまざ ...

続きを見る

 

就職活動をする場合にはまず求人を探しますが、残念ながら中卒対象の求人というのは数自体がとても少ないという現状があります。また、正社員(正規雇用)の求人はその中からさらに少なくなりますが、全く不可能ということはありません。詳しくは「中卒でも正社員として働いていく方法」を参考にしてください。

中卒でも正社員として働く方法はあるの?

中卒で就職をしようと思っても、やはり非正規雇用(アルバイト、契約社員、派遣社員など)の求人が多いと感じることが多いと思います。 その中でも「安定した正社員として働きたい」という場合にはどうしたら良いの ...

続きを見る

 

 

一旦はニートとして生活する

ニートとは「Not Employment, Education, or Training」 の略をいいます。日本語訳すると、「就労もせず教育を受けておらず職業訓練も受けていないという状態」となります。

特に理由がなくとも「今はこれらのどれもやる気が起きない」という場合もあるでしょう。一定期間はやむを得ずこのような状態になったとしても、将来的にどういう進路を歩みたいかを考えて、水面下でも行動を起こしていくことが重要となります。

 

 

編入できる通信制高校を探す

高校を中退してしまったけれども、「高卒までは取得しておきたい!」という意志がある人は編入できる高校(特に通信制高校)を探すことをおすすめします。実際に、全日制高校を中退した人の中でも、再度別の全日制高校に通う勇気はなかったけど、「通信制高校なら通えた」という人は多いものです。

例えば、「勉強についていけなかった」「友人や先生との関係がうまくいかなかった」「いじめがあった」「進路変更をしたかった」「バイトやスポーツなどと両立したかった」「校則に縛られたくなかった」などの理由であれば、通信制高校に行くことでそれらが解消できることも少なくありません。

ちなみに、一度高校中退をしてしまった場合には「転入学」ではなく「編入学」という扱いになります。高校の在籍期間(合計で36ヶ月以上在籍しなければ卒業できない)の関係から多少卒業時期が遅れてしまう場合はありますが、長い人生ですので、数ヶ月や数年のブランクは気にせず前向きに通信制高校卒業を目指すのが良いでしょう。

高校中退者が編入先を探すには、やはりインターネットで通える範囲の場所の高校を探すことが一般的です。定時制高校の場合は、近場にある高校にしか通えませんが、通信制高校は広域通信制高校といって本校の他に全国各地に教室(キャンパス・学習センターとも呼ばれます)があることが多いので、想像しているよりも選択肢は多いものです。

地方などで通信制高校などないだろうと思っていても、意外と駅前などに学習センターがあることが多いので、まずは調べて資料請求をしてみて下さい。

なお、通信制高校や高卒認定試験の予備校を探すならこちらの一括資料請求サイトがおすすめです。全国各地の学校の中から自分の学歴やエリアにあったパンフレット等の資料を無料で簡単に請求することができるのでぜひご利用下さい。

→ズバット通信制高校比較【無料】

そして、複数の学校を比較して気になる学校が見つかったら、サイトのお問い合わせフォームなどから問い合わせるか、電話をして近くの学習センターに見学に行くことをおすすめします。まだこの段階では決めなくても良いので、なるべく多くの学校を見て自分に一番合う学校を見つけて下さい。気になることがあれば編入前に何でも質問しておくのも大事なことです。

編入・転入に関する詳しい内容については、コチラの記事でも紹介しています。

通信制高校へ編入や転入をするには?卒業はいつできるの?

いじめや人間関係のトラブル、留年になってしまったなどの理由で、「高校を中退してしまった」「高校に在学中だけどもう辞めたい」という人は多くいます。そういった人たちの他の高校からの進路として、編入や転入を ...

続きを見る

 

高卒認定試験を目指す

高校に通うのは難しいけれど「高卒の資格を取りたい」または「大学や専門学校などには進学したい」という場合には、高校中退後に高卒認定試験の合格を目指すのもひとつの手段です。

高卒認定試験は、文部科学省が認定する試験であって、各科目(国語や数学等)の試験に合格すれば高校卒業と同程度と認定してもらえる資格をいいます。これを取得すれば、就職の際に高卒以上の求人に応募できる場合があったり、大学や専門学校の受験資格を得ることができます。

高卒認定試験の勉強方法としては、独学の他に予備校などに通って学習する方法があります。自分の学力に自信がなければ予備校を利用することが無難でしょう。

ちなみに、上記の通信制高校のところで紹介した「ズバット通信制高校比較」では、高卒認定試験予備校の資料も請求することができます。気になる方は資料請求をしてみて下さい。

 

 

高校中退後の生活はどうなるの?中退後の生活で大切なことについてのまとめ

高校中退後の生活についていくつか方法を紹介してきましたが、これらは高校を中退した理由によってどのような生活になるかが変わってくるものです。

いずれにせよ、自分にあった生活をしたうえで、前向きに将来へ繋げていくようにしましょう。

 

まずは第一歩!正しい通信制高校・高卒認定試験予備校の選び方

これから通信制高校などの利用を考えるなら、必ず複数の学校のパンフレットを確認して、かかる学費や学校の雰囲気などに目を通しておくことをおすすめします。

 

一概に通信制高校といっても、プログラミングを学べたり、美容について学べたり、進学を考え大学受験対策に力を入れていたりと学校によって特徴はさまざまです。自分の将来の目標等を明確にしていくためにも、できるだけ多くの学校を目にしておくことが重要となります。

 

ズバット通信制高校比較なら、それぞれの学校の資料を一括して請求することができて便利なので大変おすすめです。また、料金は無料で、本人だけでなく保護者の方でも請求が可能となっています。それぞれの学校をしっかりと見比べて、本当に自分にあった学校を見つけて第一歩を踏み出していって下さいね。

→ズバット通信制高校比較【無料】

-不登校・ひきこもりについて, 高校中退について, 高校生活の悩み等について
-, , ,

Copyright© 中卒仕事探し.com , 2020 All Rights Reserved.